ATP拭き取り検査


専用の測定器を使用し、ドアノブなどに付着している感染症の危険がある見えない細菌や汚れを数値化します。検査結果はその場ですぐに知ることができます。

ATPふき取り検査
ATP(Adenosine triphosphate)ふき取り検査とは、汚れが持っている
ATPを指標とした清浄度を調べる検査です。
検 査方法は、検査箇所を綿棒等でふき取り、綿棒で捕らえたATPを試薬と反応して発光させその発光量を測定して数値化しています。発光量の数値が高いほど、 ATP量が多い(汚れている)と判断できます。数秒で検査結果が分かるので、衛生管理の迅速な対応が可能なのが大きな特徴です。


ATPとは ?
ATP とは、Adenosine triphosphate(アデノシン三リン酸)の略語です。地球上の全ての生物のエネルギー源として存在する化学物質です。ATPは動物、植物、菌等が 持っており、そこから発生する、体液、死がい、食物残渣等にも存在します。体液、食物残渣等、肉眼で確認できないものでもATPが試薬と反応した場合、 「そこに生物、あるいは生物の痕跡が存在する」ことがわかり、菌の餌が存在する環境であることが予想されます。